仮性包茎

仮性包茎(かせいほうけい)

仮性包茎

包茎の大多数がこのタイプ

平常時は包皮によって隠れている亀頭冠(カリと呼ばれる亀頭のくびれ)に恥垢がたまり不衛生であり異臭の元にもなってしまう。 小便時などの包皮伸縮の際に陰毛を巻き込み易く包皮や亀頭を傷付けてしまう。 勃起時には包茎であることが分かり辛いが、平常時の見た目が特に女性からは好まれない傾向が強い。 医学的な見地における治療の必要性ではなく『衛生面・見た目』の問題から治療を希望する男性は10代から高齢まで幅広い年代に相当数いるのが現状です。

性行為支障なし
治療の必要性衛生面では治療したほうが良い
平常時亀頭露出度などは個人差が大きい
勃起時亀頭は完全に露出される場合が多い
性行為 出来なくはないが注意が必要
亀頭が露出しないだけで勃起はするので行為自体は可能
挿入時に亀頭のカリによる刺激を与える力は弱い
亀頭包皮炎の発症も多くみられ、感染症などを患っている際の性行為によって女性の不妊症や子宮頸がんを引き起こす要因にもりかねない
治療の必要性 強く推奨
平常時 亀頭は常に包皮に覆われており、基本的に皮を剥いて亀頭を露出させることが困難
包皮口が狭すぎてので剥くことができず痛みが生じる状態や、包皮内側と亀頭表面が皮脂や恥垢により癒着して剥がすことができない状態
勃起時 勃起機能に問題はないが 亀頭は露出しない
包皮口が狭すぎてので剥くことができず痛みが生じる状態や、包皮内側と亀頭表面が皮脂や恥垢により癒着して剥がすことができない状態
衛生面 常に包皮に覆われているために、恥垢が溜まり悪臭を発生させる
シャワー入浴での洗浄でも包皮の中まではしっかり洗うことはできない
女性の反応 勃起しても亀頭が露出されないことを知らずに驚かれる場合がある
真性包茎を理解しておらす行為中に剥こうとする場合がある
シャワー直後であっても完全に洗浄できずに異臭が残りやすくオーラルセックスは敬遠される傾向にある
平常時、勃起時ともに見た目は好まれない傾向が強い
亀頭カリによる刺激を求める女性は物足りなさを嘆く傾向がある
治療(手術以外) 手術以外での治療は困難
自然治癒は期待できない
治療(手術) 結節縫合手術(切る・縫う・結ぶ)外科的手術
  • 亀頭直下埋没法
    亀頭のすぐ下で余分な包皮を切除(最もポピュラーな手法だが丁寧な結節縫合でないと手術傷跡が目立つ)
  • 環状切開法
    ペニスの中央で余分な包皮を切除(傷がとても目立つ)
  • 根部切開
    ペニスの根元で余分な包皮を切除(高額+術後回復が最もストレスが高いが、手術跡は陰毛に隠れるために目立たない。現状の体形や性器の形状にも条件が必要)
  • 修整手術
    過去の手術傷跡が目立つ場合(主に環状切開法による傷跡を亀頭直下埋没法によって目立たなくする。切除可能な余分な包皮が必要などの条件がある)
仮性包茎
真性包茎
カントン包茎
  包茎卒業~ズル剥け入学
手術種類グッズFAQ情報